FC2ブログ

はなのか

“はなのか”とは…… 舞台女優・ダンサー・モデルのお仕事をしている江原千花(Chika)のブログです。のびのびマイペース、そして一所懸命に生きています。いつか舞台に千の花を咲かせるべく、自分の花を一本ずつ育て咲かせています。そんなChikaのお花畑へようこそ。ゆっくりお散歩していってくださいね。
0

「うらやす物語」上映会、岩国は5月16日☆岩国夢見プロジェクトさん説明会も同日開催☆

こんばんは

スクリーン上映会、5月16日の日曜日は
14:00~15:15 愛宕スポーツコンプレックス 多目的室にて
神楽舞と朗読劇「うらやす物語~ふるさとの神話~」
【鑑賞無料】にて、開催いたします。


2021上映会ご案内_愛宕スポコン0516_おもて
2021上映会ご案内_愛宕スポコン0516_神楽舞詳細うら


この日は、おなじく愛宕スポーツコンプレックスにて、
NPO 岩国夢見プロジェクトさん主催の
「説明会(岩本光弘さん講演会に向けて)」が開催されます。

以前、ブログでもご紹介しました、【今年1月のブログはこちら】
岩国夢見プロジェクトの石川忠祐さんが
超・ハードスケジュールのなか、バリバリと
それは熱心に取り組んでいらっしゃる企画です。

我が家も応援に駆け付けようと、
ようやく来月、岩国市へお伺いします。
はじめての岩国です。どきどき。

で、せっかく行くなら、上映会しなくっちゃ!
と思い立ちまして、「うらやす物語」だけですが、
ちょっとDVDをお持ちすることにしたのです。


うらやす物語は、山口県若手文化人等スキルアップ支援事業で
助成をいただいた取り組みでもあるということで、
神楽舞――日本文化の再発見
朗読劇――山口県ゆかりの神話や伝説など

自分の人生で得たことを還元できる場所があるならば
やはり、そこは押さえてゆきたいところです。
事実、地域の文化振興については
以前から力を入れている自負があります。

うらやす物語にご出演いただいた方々も、
神楽舞の先生や、同門の舞姫さんたち。そして、
市民活動団体・下関リーディングの会のメンバーさんです。

朗読劇を3作品書きおろしたエチカさんも、
地域の伝説や言い伝えを後世に遺したい! という思いで
誠心誠意、執筆にあたりました。


なぜ、こんなに夢中になれるのか。
答えはとっても単純です。地元が好きだから。(えへ)

というわけで、私の地元愛!な
惚気話を聞くようなつもりでですね、
(あれっ、なんかちがう? 笑 )
どうかお気軽にご来場いただけたらうれしいです。
あっ、検温とマスクは、ご協力をお願いいたしますm(__)m

定員20名。とはいえ、岩国周辺には知人も少ないので
かなり少人数でご覧いただけるのではないか? と思います。

もちろん、一人でも多くの方にご覧いただきたいですが
会場本来の定員から半分以下にしての、MAX20名なので
仮に満席になったとしても、安心してご覧いただける規模かなと思います。


岩国での上映会については、明日27日火曜日20時からの
フェイスブックライブ第126回「夢見工房20421」放送でもご紹介いただきます。
岩国夢見プロジェクト代表・石川さんのフェイスブックリンクを改めてご紹介させていただきますね。
【夢見工房20421 番組内容はこちら】



さて、山口県内各地で開催します、スクリーン上映会。
今週いよいよ、田中絹代ぶんか館からスタートです。
若しよろしかったら、ちょっぴり気分転換にお越しくださいね。


最後にもう一度、上映スケジュールをまとめます。

☆このGWは下関3か所から。
・4月29日(祝) 近代先人顕彰館 (田中絹代ぶんか館) ミニホール 定員30名
・5月2日(日) 長府東公民館 2階 視聴覚室 定員15名
・5月5日(水祝) 彦島公民館 5階 視聴覚室 定員15名

各回約1時間。上記3か所でのスケジュールは共通です。
『モノロオグ』10:15-/14:00- 参加料500円※手土産付き
『うらやす物語』11:30-/15:15- 鑑賞無料


――――――――――

☆5月中旬は岩国で「うらやす物語」

・5月16日(日) 岩国市 愛宕スポーツコンプレックス 多目的室 定員20名
『うらやす物語』鑑賞無料 ※14:00~のみ。



もし、お席を確保したいかたは、直接江原までご連絡くださいませ。
定員いっぱいになる前に、ご用意させていただきます。

世間の状況を見つつ……ではありますが、
今年の秋にかけて、山口県内各地で開催したいと思っております。
どうぞおたのしみに。


Chika

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する