FC2ブログ

はなのか

“はなのか”とは…… 舞台女優・ダンサーのお仕事をしている江原千花(Chika)のブログです。のびのびマイペース、そして一所懸命に生きています。いつか舞台に千の花を咲かせるべく、自分の花を一本ずつ育て咲かせています。そんなChikaのお花畑へようこそ。ゆっくりお散歩していってくださいね。
0

マックスバリュ長府店のイベントに出演します☆

こんばんは\(^o^)/

すっかり直前のお知らせになってしまいましたが……。
マックスバリュ長府店で開催のイベントに、出演します(^^)
地元の皆様、ぜひお立ち寄りください♪

~詳細~
オータムフェス総力祭
@マックスバリュ長府店 駐車場特設会場
※入場無料

江原千花 ソロでの出演は
10月29日(土) 11:30~12:00

自分で脚本を書いた、ひとり芝居
『すうじのはなし』を上演します(^^)
数字たちがケンカしたり、仲直りしたり。
どなたも楽しめる、素朴なお話です。
最後に、フォークソングも歌いますよ♪


そして、私が主催している
下関リーディングのステージは
10月29日(土) 16:30~17:00

こちらは、井上ひさしさんの笑劇全集より3作品
「ダンス教習所」「スター誕生」「ロボット」
ステージド・リーディング(台本を持ったまま、動きながら演じる)
の形式で上演します☆
もちろん私も出演します(´∀`*)
コント初挑戦ですが、ベテラン役者のお二人といっしょに
楽しい時間をつくろうと奮闘しています。お楽しみに(^_-)-☆

チラシをぺたり。

マックスバリュ長府店イベントチラシ小

※チラシの大きいサイズは、こちらをどうぞ→マックスバリュ西日本 オータムフェス2016ページ

お時間合う方は、ぜひお立ち寄りください(^^)/

Chika

0

『お父さんのすることはいつもよし』 ほっこり観劇~どとうの3作品観劇ツアー!

こんばんは(^^)

クレドシアター『お父さんのすることはいつもよし』
ほっこり観劇してきました。

ブルガリアの役者さんたちによる来日公演だったのですが
なんと!! すべて日本語でした(゜o゜)
普段から日本語を話せるわけではなく、
日本語のセリフを音で覚えていらっしゃるそうです!

観劇していて、言葉がわかる。お話がわかる。
嬉しかったです。
真っ白な衣装と小道具も、遊び心と仕掛けがいっぱいで
シンプルだけど新しい!
老若男女、みんなが楽しめそうな舞台でした。

会場のプーク人形劇場は、新宿南口からすこし歩いたところ。
おとなりの全労災ホールを目印に、迷わず到着☆
レトロな掲示板がお出迎え(*‘∀‘)

クレドシアター 劇場前にて


一歩入ると……ゆめがいっぱいの温かい空間です。わくわくする!!

プーク人形劇場 階段の展示

大都会・新宿に居るのに、全く威圧感がありません。
都心で、こんなに穏やかになれたのは初めてかも!?
みんなが観劇を楽しみに集まってきて、自由に心を伸ばせるような
アットホームな場所でした。

そしてそして。
客席の椅子が木のベンチだったりと
劇場の中もレトロで、素敵でございました。

公演があっていない時も、入り口のカフェが営業していたりと
来ていいみたいなので、また観劇以外でも立ち寄りたいです♪


Chika

0

『月の剥がれる』観劇というか衝撃記 ~どとうの3作品観劇ツアー!

こんばんは(^^)/

続きでございます。
ドキドキしながら入って行ったカフェは
お洒落で、店員さんも親切でかわいくて
さらに

すてきなカフェ4


甘さと香ばしさのバランスが絶妙なフレンチトースト。
ほっぺたが落っこちるほどの
極上のお味でございました(´∀`*)

でも、美容室とカフェって、併設しちゃって
ほんとに大丈夫なのでしょうか??
店員さんに聞いてみたところ
「許可を取ったらできるみたいです(*^_^*)」とのこと。
美容室とカフェ。新しい組み合わせです♪

おなかも心も満たされたところで、
いよいよ劇場へ。

アマヤドリ 劇場前にて


吉祥寺シアターの前には、長ーい列ができていました。
ずんずん進んで行くと……うおお(*‘∀‘)!
舞台の形は長方形というより正方形に近い感じで、けっこう奥行きがあります。
天井も高く、閉塞的な感じが一切ありません。そして舞台と客席が遠くない。良い!

この広い空間が、どんな風に埋まっていくんだろう……!
すでに作品の雰囲気をにおわせている舞台美術を見ながら
開演に向けて、ワクワクを高める私でした。

開演!

長い長い、でもそれ以上に
中身の濃い時間でした。

後半、台詞があまりにも胸に突き刺さったので
客席に座ったまま二つ折りになって、しばらく倒れていました(笑)
そうです。舞台って、逃げられないのです。お客さんも。
美味しかったフレンチトーストの力を借りて、なんとか最後まで観ました。

いろいろ観劇してますが、こんなにグッサリと刺さってきたのは初めてでした。
アイデンティティや、根本的な意識が揺らがされてしまうような、衝撃的な内容でした。

のみ込まれてしまいそうな、すごい引力。熱量。
セリフや、ひとつひとつの動作、一瞬の表情から浮き出てくる、強い説得力。
こんなに引力のある、しかも若い役者さんが、こんなにいらっしゃるんだ……と
そういう意味でも衝撃的な観劇でした。

そして、ダンスシーンもあったのですが
全員が踊りだすと圧巻!
広い舞台が存分に活かされていました。

すごかったなあ……!!

アマヤドリ パンフレットなどなど


終演後、ゆっこさん(出演されていた大塚由祈子さん。『橋を渡る』で共演して以来、
そのパワフルさを尊敬する&大好きな人なのです)に、ロビーで会うことができました♪
いろんな作品のオーディションで、なぜか、ばったり再会することも多々。
でも、舞台のゆっこさんをナマで観られたのは共演した時以来でした。
ファンとして嬉しかったです(´∀`*)

ほとばしる観劇の衝撃を伝えて、秋を感じるかわいいクッキーなど差し入れ。

クッキー♪


作品の衝撃がしばらく抜けていかなくて、
ふらふらした足取りで、でも無事に、おうちへと帰って行ったのでした。


次回は打って変わって、ほっこりうふふな作品のレポ。
お楽しみにー!

Chika

0

吉祥寺、アマヤドリ観劇前のお散歩記 ~どとうの3作品観劇ツアー!

こんばんは(^^)

さあさあ、こんどは吉祥寺シアターで
アマヤドリ 『月の剥がれる』を観てきました。

アマヤドリさんは、以前からチラシのデザイン素敵だよなーと思っていたのと
初回の人は「タダ観でゴー」できる!? とか、フリーパスがあるとか
チケットの販売スタイルも多様で、手間暇もお金も考えることも、
いろいろかけて作ってる感に興味がありました。

そこに、「橋を渡る」で共演した大塚由祈子さんが今回出演されると聞き
気になって気になって、気になって気になって気になって(笑)
ついに「これは行くしかない!」と、観劇スイッチがONになったのでした。

この日も、開演の2時間前に最寄駅到着。
前日、迷子になったことを反省し、まずは劇場まで歩きます。
調べてきたとおり、吉祥寺駅から7分程度で着きました。
安心したところでカフェ探し♪

近くを歩いてみると……おっ。

すてきなカフェ3


すてきなカフェ1


おおー! ここは素敵ではありませんか(*'▽')!!
おそるおそる、扉の向こうへ。

すてきなカフェ2

やっぱり素敵! 明るいし♪

え。美容室?? カフェ……?

……えー! 併設されてるの!? それって大丈夫?
でも、もう半分入っちゃったし、いや、まだお店には入ってないけど!
うーん、うーん。

とりあえず部屋は分かれているみたいなので
ドキドキしながらも、入ってみることにしました。

続きは次回!!

Chika

0

『うつくしい世界』観劇日記。 ~どとうの3作品観劇ツアー!

こんばんは(^^)/

最近、ミスリゾートの記事ばかりになっていたので
たまには個人的なことも書こうと思います(笑)

ここ2年くらい、山口と東京を往復する日々を送っている私ですが
地元でのイベント出演を控えている今は、実家生活。
(★会場は下関市内。出番は10月29日お昼頃。詳細はまだひみつです)
家族と一緒に過ごせる時間は、やっぱり幸せです(*^_^*)

そんな幸せな日々の中、
観劇のためだけに上京してまいりました。

なぜ、わざわざ夜行バスで往復してまで行ったかというと
以前から気になっていた劇団・演目の上演が、短期間に集中していたから!
うまくスケジュールを組めば、3日間で観れちゃうチャンス(*‘∀‘)

直前まで迷っていたのですが、行かない理由なんてありません。
観に行きました(笑)

そんなわけで観劇日記です(^_-)-☆

{観劇スケジュール}
9月25日 こゆび侍 『うつくしい世界』@下北沢駅前劇場
  26日 アマヤドリ 『月の剥がれる』@吉祥寺シアター
  27日 クレドシアター 『お父さんのすることはいつもよし』@プーク人形劇場


○1日目…… こゆび侍 『うつくしい世界』

こゆび侍『うつくしい世界』チラシとパンフレット
フライヤーとパンフレット。

3年くらい前から気になっていた劇団さんです。
別役実さんの短編作品をイベントで観たものの
やっぱり、オリジナル作品が気になっていました。
念願叶っての観劇です\(^o^)/

思いっきりファンタジーの世界でありつつも
きゅーっと胸の締め付けられるシーンが沢山ありました。

誰もが持ってるけど、だからこそ見逃しがちな小さな美しさが
キラッ、キラッと瞬いて、最後にキラキラがバーンって爆発するような、
そんなお話でした。

ご家族で観に来ているお客さんもいましたよ!
家族みんなでお芝居観に行くなんて、いいなあー。
私は大抵1人か、母やお友達と2人で行くことが多いので
なんだか憧れちゃいます。劇場には夢がいっぱいです。

客層を見て、劇団の傾向や作風を想像してみるのも
おもしろいなあと思いました。
でも想像以上だったので、最後のシーンはハンカチ必須でした。
お芝居や映画で泣くこと少ないのになあ。

『うつくしい世界』観てきました
ちょっとお絵かき。


それから、開演前のエピソード。
なぜか迷子になりました(笑)

「駅前劇場」という親切な名前を
素直に受け止めれば分かっただろうに。
ネットで地図を入念に調べ、ビルの名前で劇場を探します。
開演の2時間前に下北沢到着。

見つけたビルの壁には、確かに「駅前劇場 3階」の文字が。

これでよし。

ゆっくりランチをした後、もう一度戻ってきました。
外の細い階段を上がっていくと……あれっ。
何も書いてないし、重そうなドアは、見るからに関係者専用。
「おかしいなー、うーん、間違えたのかなあ」
なんてぶつぶつ言いながらドアの前に立っていると

「あの……どこに行きたいんですか?」
スタッフさんらしき方が、すぐそこで煙草をふかしていました。
あ、駅前劇場に と答えると
「降りて右に曲がったところの大きな階段です」
丁寧に道を教えてくださいました。

大きな階段をのぼって、無事、開演前に着きました。


長くなったので続きは次回。
お楽しみに―(^o^)/

Chika

該当の記事は見つかりませんでした。