FC2ブログ

はなのか

“はなのか”とは…… 舞台女優・ダンサーのお仕事をしている江原千花(Chika)のブログです。のびのびマイペース、そして一所懸命に生きています。いつか舞台に千の花を咲かせるべく、自分の花を一本ずつ育て咲かせています。そんなChikaのお花畑へようこそ。ゆっくりお散歩していってくださいね。
0

読書と仲良くなりました。



こんばんは。Chikaです。

私の母は、よく本を読む人なので
実家には母の古い文庫本が沢山あります

「好きに読んでいいよ」という母の言葉に喜んで
何ページか読んでみるものの、結局そのまま本棚へ。

読書は小さい頃から好きなのですが、私にとって
一冊を最後まで読み切ることは、ちょっと難しいことです。
気になるのに、途中までしか読んでいない本が沢山あります(苦笑)

途中でやめてしまう原因は
○“まえがき”“目次”から、丁寧に目で追っているうちに
 読む気が冷めてしまう
○分からない漢字や、意味のあやふやな言葉が出て来る度に辞書を引き
 内容を楽しむ前に疲れてしまう

なんという本末転倒。授業じゃないんだから。
あっ、だから最後までたどりつけなかったのか……。


そんな私ですが
最近やっと! 1冊、読破いたしました!
読んだのは、サガンの『ブラームスはお好き』
母の古い文庫本の中で、ずっと気になっていた本です。
こんな面白い本がこの世にあったのね! と
最後まで読んだあとは、静かに感動を味わっておりました。

最初は、1度に2ページずつとか、そんなスピードで
ちまちまと読んでいましたが、中盤から急に面白くなってきて
気がつくと、毎晩眠る前に10ページ程度読んでいました。

もちろん、分からない言葉も多少は放置しました。
ことばの流れを止めてばかりでは、面白さが半減です。
言葉の意味があやふやだと本が読めないか、楽しめないかというと、
そんなことは無いみたいです。それが本の全てでは無いと気付きました。

想像するなかで、流れはとても大切です。
細かいイメージがつながっていくことで、描いている場面は
何とも言えない豊かなものになります。

今回、素晴らしい本を読んでしまったので
次の本を読むのに躊躇していますが、まだまだこれから!
他にも素敵な本が沢山あるはずなので、その出会いを楽しみにして
たくさん本を読みたいです。

まずは、読みかけの本たちを読破しましょう!


読んだ本
『ブラームスはお好き』 サガン 訳:朝吹登水子
登場人物の心の中、思考の流れなど、本ならではの表現が詰まっています。
とびきりお勧めの一冊です。


Chika

0

ライスピザを作りました。


こんばんは。Chikaです。
珍しく2日連続で投稿します(笑)

今夜のメニューは…… じゃじゃーん!



ライスピザ

img20150416001343178_convert_20160505150520.jpg



今日はお天気が不安定だったので、お買い物に出かけませんでした。
「晩ご飯、どうしようー」と悲しんでいると
クックパッドのメニューを母に勧められたので
チャレンジしてみました☆

ご飯と卵を混ぜて、具を乗っけたら
あとはフライパンで、ジュ―。
ケチャップが無かったので、ソースはカレールーで代用。
ほんのりカレー風味で、美味しかったです(*^^)v

ちょっとずつ、レベルアップしてゆこうと思います。
頑張るぞ!

Chika

1

『群青色の、とおり道』観てきました!


最近は、舞台や映画をたくさん観ています。
劇場・映画館へ出かけたり、DVDになっているものをお家で鑑賞したり。
とにかく色々観ています。吸収の時期、ということでしょうか。

そんななか。
先日は、映画『群青色の、とおり道』を観に行きました。
あたたかくて素敵な映画でした!

img20150414232638487_convert_20160505150838.jpg



ガタン、ゴトン……と電車に揺られて向かったのは群馬県太田市。

img20150414232531740_convert_20160505151903.jpg


東京での上映は7月ということで、太田市の映画館へ。
その日、本当は予定があったのですが、急遽キャンセル。

どうして、そんなにしてまで群馬へ行ったのかと申しますと
下関ご出身の、佐々部 清監督にお会いしたかったから!
そして、映画の舞台となった太田の地で、この作品を
観てみたいと思ったから。

img20150415003044993_convert_20160505150757.jpg


左から、
出演者の伊嵜充則さん 松浦慎一郎さん 観客の私 佐々部清監督


主演は桐山漣さん。
歌声と、様々な場面での表情が記憶に残っています。

桐山さんの「よし君」だけでなく
まるこおばあちゃんも、真山家も、倉田さんご一家も……
本当に、出演されている役者さん お一人おひとりの個性が
映画の中で輝いていました。

日常の中に隠れている、ちいさな輝きを集めたように
じんわりと、ほっこりと心が温まる映画でした。
大切に作られた、愛が詰まった作品なのだなと感じられました。
すでに「ああ、もう一度観たい!」と思っているChikaです(笑)


イオンシネマ太田で観た感想としては、
地元の方ならではの、客席の反応があり
他では体験できない時間を楽しむことができました。
映画館で映画を観るって、こういうことなんだなあと
そういう意味でも、ちょっと感動しました。


映画のあとは、駅近くのお店でお昼ごはん。
群馬の味でした!(たぶん)
とっても美味しかったです。

img20150415004519018_convert_20160505150725.jpg


img20150415004815351_convert_20160505150557.jpg


電車での帰り道は、来た時とは少し違う気持ちで
窓の外を眺めました。


Chika

0

タイニイアリスで『ソレモク〔雪害木〕』観劇



こんにちは。
昨日は、新宿の劇場、タイニイアリスで観劇しました。

タイニイアリスに行ったのは、私、初めてだったのですが
今回の公演をもって閉館するとのこと。なんだか寂しいです。

いつか、ここで観劇したことを
懐かしく思い出したり、誰かに自慢したり……
そんな日が来るといいな、なんて思っています。

さて。
タイニイアリスは名前のとおり、とっても小さな空間でした。
細い階段を降りていくと
「あ、隠れ家みたい!」ちょっとワクワク。

小さい頃から、隠れ家とか押入れの中とか……
狭い空間に入ることが大好きな私。ワクワクして席に着きました。
そこまでは良かったのですが、はっ。気づいてしまったのです。


座椅子×スキニージーンズ


あちゃー、やってしまった。着てくる服を間違えた。
大丈夫かしら。でも、仕方がないので我慢。

脚・腰を締め付けるスキニージーンズと静かに戦いつつ
なんとか最後まで、無事に観劇。

締め付けられて苦しいというより、脚の血が止まっているような、
長時間のフライトで、むくんでいるような感覚。
もちろん動けないので、途中、貧血で倒れそうにもなりました。
こんな状況では、せっかくの観劇に集中することが
難しくなってしまいます。

今回の教訓。

小劇場で観劇するときは!!
舞台に集中できる、楽な服装でお出かけしましょう!



あっ。感想を書いていない。

作品は『ソレモク』 劇団昌世(チャンセ)という韓国の劇団で
韓国の空気、生活、文化を感じました。

役者さんの身体表現にびっくりしました。
特に素晴らしかったのは、家畜の鶏、黒やぎ、豚、犬を演じた皆様。
かろやかな動きは、洗練されていて、ダンサーの域でした。
動物の鳴き声や表情も、本当によく再現されていました。

最初と最後のシーン、それから、雨乞いの踊りのシーンが
とても美しかったです。因みに、どちらも韓国語の歌がBGM。


スキニージーンズは、ちょっと失敗でしたが(笑)
色々と勉強させていただき、有意義な観劇でした。


Chika

該当の記事は見つかりませんでした。