FC2ブログ

はなのか

“はなのか”とは…… 舞台女優・ダンサーのお仕事をしている江原千花(Chika)のブログです。のびのびマイペース、そして一所懸命に生きています。いつか舞台に千の花を咲かせるべく、自分の花を一本ずつ育て咲かせています。そんなChikaのお花畑へようこそ。ゆっくりお散歩していってくださいね。
1

『群青色の、とおり道』観てきました!


最近は、舞台や映画をたくさん観ています。
劇場・映画館へ出かけたり、DVDになっているものをお家で鑑賞したり。
とにかく色々観ています。吸収の時期、ということでしょうか。

そんななか。
先日は、映画『群青色の、とおり道』を観に行きました。
あたたかくて素敵な映画でした!

img20150414232638487_convert_20160505150838.jpg



ガタン、ゴトン……と電車に揺られて向かったのは群馬県太田市。

img20150414232531740_convert_20160505151903.jpg


東京での上映は7月ということで、太田市の映画館へ。
その日、本当は予定があったのですが、急遽キャンセル。

どうして、そんなにしてまで群馬へ行ったのかと申しますと
下関ご出身の、佐々部 清監督にお会いしたかったから!
そして、映画の舞台となった太田の地で、この作品を
観てみたいと思ったから。

img20150415003044993_convert_20160505150757.jpg


左から、
出演者の伊嵜充則さん 松浦慎一郎さん 観客の私 佐々部清監督


主演は桐山漣さん。
歌声と、様々な場面での表情が記憶に残っています。

桐山さんの「よし君」だけでなく
まるこおばあちゃんも、真山家も、倉田さんご一家も……
本当に、出演されている役者さん お一人おひとりの個性が
映画の中で輝いていました。

日常の中に隠れている、ちいさな輝きを集めたように
じんわりと、ほっこりと心が温まる映画でした。
大切に作られた、愛が詰まった作品なのだなと感じられました。
すでに「ああ、もう一度観たい!」と思っているChikaです(笑)


イオンシネマ太田で観た感想としては、
地元の方ならではの、客席の反応があり
他では体験できない時間を楽しむことができました。
映画館で映画を観るって、こういうことなんだなあと
そういう意味でも、ちょっと感動しました。


映画のあとは、駅近くのお店でお昼ごはん。
群馬の味でした!(たぶん)
とっても美味しかったです。

img20150415004519018_convert_20160505150725.jpg


img20150415004815351_convert_20160505150557.jpg


電車での帰り道は、来た時とは少し違う気持ちで
窓の外を眺めました。


Chika

0

進む稽古と、ドキュメンタリー映画 「ひめゆり」


こんばんは。
都内では雹が降ったりして・・・!
この天候にびっくりしてしまいます。

さて。
ミュージカル「ひめゆり」の稽古が進んで参りました。
立ち位置や動きなど全体の流れが付けられ、
細かいイメージができる段階に来ています。

私が演じさせていただく“比嘉たき”ちゃんとも、
だいぶん気持ちが通じ合ってきた気がします。

心の部分での人間関係、場面で生まれる感情。
一瞬ずつの“今”を感じ、生き、積み重ねること。
を、大切にして稽古に臨んでおります。

でも、まだまだ。これでは不十分です。
本番まで、色々な事をもっと足して充実させて。研究して、考えて。
ちゃんと周りを見ることも忘れずに。

中身の詰まった最高の舞台をお届けしたいです。
時間と戦いつつ頑張ります。

上原婦長役の、沼尾みゆきさん。
爽やかで愛らしくて温かくて・・・とても!素敵なお方です。
目が合うと、にっこりしてくださります。

毎日のように近くで歌声を聴かせていただけること、幸せです。
大変贅沢なお勉強をさせていただいてます。

「ひめゆり」公演情報ページ下部に、稽古場だよりがありまして
キャストのコメントや稽古風景の写真が紹介されています。
皆様がどのように「ひめゆり」と向き合っていらっしゃるのか知ることで
新しい視点を発見できたり、ドキッとするような刺激をいただいています。

リンクを貼っておきますね。ぺたり。
「ひめゆり」稽古場だより

ずーっと下のほうに行くと、稽古場だよりがあります。


先日21日、観に行って参りました。
ドキュメンタリー映画 「ひめゆり」

【「ひめゆり学徒隊」の生存者22名の証言を13年に渡って記録したドキュメンタリー】
とのことです。

悲しさとも悔しさとも、何とも言えない涙が流れました。
本当に起こってしまった事。

ずっしりとした大切なものを、この映画を通して受け取りました。
ひめゆり学徒隊の生存者の方々の想いが、語られています。
ミュージカル「ひめゆり」で学徒を演じさせていただく事の
責任の重さを感じました。

まだまだ書きたいこと山盛りですが、今回は、このあたりで。
明日もお稽古!です!


生存者の方々の強いメッセージが込められたドキュメンタリー映画
「ひめゆり」は、6月27日(金)まで
ポレポレ東中野にて
毎朝10時20分より、1日1回上映されています。

ご都合のよろしい方は、ぜひご覧になってください。
戦争が、かけがえのない命を奪いました。

今までは勉強するだけでしたが、これからは私も、
伝える側の人にならなくてはいけないのだと
この映画を観て、改めてはっきりと認識しました。


Chika

このカテゴリーに該当する記事はありません。